calendar
<< July 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
archives
200911 (2) 200910 (13) 200909 (1)
tags
新型プリウス (15) 改造 (10) ディスチャージランプ (10) HID (10) リンク方法 (1)
                

リンク集




広告・リンク募集
このサイドに広告やリンクを募集します。
希望者はCITY-NET村上のSYSOPまでメールをください。

others
admin
search this site.

プリウスのライトをHID化するぞ!(HIDとは?、その1)

HIDランプ(High Intensity Discharge lamp)はアーク放電による長寿命・高効率・高輝度なランプで、ディスチャージヘッドランプと呼ぶメーカーもあります。イメージ的にはカメラのストロボフラッシュを蛍光灯のように常時点灯させたものです。ハロゲンランプを青く着色して「驚異の5300K」等と売られているランプは全くの別物で「120W相当」等と書かれていますが、実際は40W程度の光量しかありません。
フィラメントが無く点光源に近いためランプの設計が容易で指向性の高い照明が可能ですが、逆にハロゲンランプ用に設計されたヘッドライトに装着すると、配光特性が乱れてしまい明るいポイントと暗いポイントのムラが生じます。また、光量が大いので、車両のバウンドなどによる対向車への眩惑作用も大くなるので、装着後は光軸の調節が必要ですし、光量が多いことから55Wハロゲンは35WHIDにW数ダウンして取付ます。しかし、自分で取り付けた改造マニアで光軸調整まで出来る人は少なく、迷惑な車両をよく見かけます。
一部のマニアの間では色温度の高い青い色がが好まれますが、色温度が5,000ケルビン (K) 以上の光になると雨、雪、霧などの悪天候時の視認性は著しく低下します。また6,000ケルビン (K)以上は車検が通らないと言われています。青いHIDを装着している車に光軸調整されていない車が多いと感じるのは私だけ?
放電管を点灯させるには数百ボルトの電源が必要ですし、蛍光灯と同じで電源投入時は数万ボルトのトリガー電圧が必要です。このため、バラストと呼ばれるDC-ACコンバーターとトリガー電圧を発生するイグナイターが必要で、点灯直後は安定した光になるまで十数秒が必要です。
この為、パッシングには向かないので自動車に装着するときはロービームをHIDにパッシングするハイビームはハロゲンを使用するのが一般的です。
ハロゲンランプをHID化するキットは、国産メーカー数社から販売され4~8万円と高価ですが、中国製とは異なり配光特性が良く同じW数でも明るいようです。
しかし、最近はネットオークション等で中国製が5千円から1万5千円程度の価格で多数販売されています。しかし、粗悪品も多いのですが購入者に商品知識がないため、粗悪品だと気づかない場合が大半です。
その動作原理から猛烈な電子ノイズが発生しますから、シールド構造がちゃちな製品ではラジオやオーディオにノイズが乗ります。こればなりは買ってみないと判りません。
何れにしても、取付や商品の選択には注意が必要ですし、専門的な知識が求められるます。

HID.jpg

コメントを見る(書く)(0) , トラックバックを見る(0), この記事を編集する

<<プリウスのライトをHID化するぞ!(HIDとは?、その2) | プリウスのトリップメーター >>

No. プリウス HID HIDキット HID化 ディスチャージ キセノン カーナビ バックカメラ トップカメラ フロントカメラ バッテリー トヨタ・プリウス toyota.jp プリウス プリウスのニュース